♪モリユリの空飛ぶレター第62弾!♪
   〜福音歌手モリユリのマンスリー活動報告〜

2014.4

ハレルヤ!主を心より賛美致します。
「希望の祭典in FUKUOKA」が、豊かな祝福の内に開催されました!昨年9月に引き続いて、ウィル・グラハム先生をメッセンジャーにお迎えしての大イベント。今回も総合司会と賛美の御用に立たせて頂き、チームの一員として素晴らしい働きに携われましたことを感謝しています。

★3月13日に福岡入り。14日は朝からランチョン、夜のバンケットと一日ホテルに缶詰め。どちらも700名以上の方々がご参加された大祝宴で、ヒルトンホテルの宴会場は、熱い祈りと臨在に満たされました!      (写真:ヴィア・ドロローサの賛美)
司会は、全部覚えて行うと決心しましたので、前の晩は出演者のプロフィールがグルグル頭を回っていましたが、いざステージに立つと自然に言葉が流れ出て、喜びをもって行うことができました。レーナマリアさん、アルフィーさん、ユーオーディアの皆様、ソルナムさんetc…とても素敵な前夜祭となったことを感謝しています。私もランチョンで30分歌わせて頂き、お食事中でしたが、証しも歌も温かくお聴き下さって嬉しかったです!
★15日いよいよ本大会。福岡国際センターは、大相撲の開催場所としても有名。5000人収容のアリーナはやはり広い。司会者である自分の第一声からすべてが始まると思うと、身が引き締まる思いです。でも司会は本当に喜びで、賛美とはまた違った聖霊の充足があります。昔、NHKの番組でニュースや天気予報、お知らせ等をしておりましたことが、今になってこんな風に役立つとは…神様は無駄なことはなさらないお方ですね。
大会のラスト、すべての出演者をご紹介し、ウィル・グラハム先生を呼び込んでステージを降りようとした時、「ここにいて下さい」と通訳の先生がおっしゃるのです。何か間違ったかしら!?と一瞬頭が真っ白に。茫然と立ちすくんでいると、ウィル先生が笑顔で「ハッピー・バースデー!」。続いてマークがギターで「♪ハッピバースデートゥーユ〜♪」と歌って登場。なんと会場中でお誕生日をお祝いして下さったのです。いやぁびっくりしました〜でも本当に嬉しくて、生涯忘れられない誕生日になりましたー!(写真下右)皆様アリガトウ♥

 
★16日・大会二日目は、キッズ大会の枠付けと「ジーザス・ストーリー」での賛美。司会は無しなので、安心していましたら、急遽本大会で司会をすることに。ヒェ〜!しかも直前になって、キッズ大会のラストで、「招き」をしてほしいとのこと。またまたヒェ〜!でしたが、イベントで直前の変更はよくあること。頭を整理する時間も無いままでしたが、とにかく祈りながらステージに立ちました。
「イエス様を信じたい人は、手を挙げて!」この言葉に、ウワーっとたくさんの子供たちの手が挙がった光景は感動でした。どうかその手をイエス様がしっかりと握り続け、永遠の命にお導き下さい、そう祈り続けています。
☆「ジーザス・ストーリー」では、十字架という重いシーンの賛美でしたので、大きなプレッシャーでした。
その為に、この数週間練習を重ね、準備してまいりました。十字架の御苦しみを完全に表すことはできませんが、その苦しみの中に救いがあり、愛があることを届けたい、魂の叫びをもって舞台に立ちました。
「ジーザス・ストーリー」の後、ウィル先生がイエス様についてメッセージを語られました。最後の招きの時、大勢の方々が涙をもって前に来られた様子は、本当に感動的でした。ここに福音があり、伝道の実が結ばれた喜びがありました。そして、それに関わらせて頂けた恵みに、心底から感謝しました。
★翌17日は、福岡から東京へ飛んで、「セレブレーション・オブ・ラブ」の東京大会。この日は、「ジーザス・ストーリー」での賛美だけなので、安心と思いきや、1曲だけだとかえってそれに意識が行って、きついですね。
でもひたすらに祈りながら、主にすがりつつ賛美しました。出演者それぞれが、自分の与えられたイエス様の御生涯を最大に歌い切ったと思います。ラスト再臨のシーンで、皆で踊りながら賛美した時は、はじけましたー!これで一連の大イベントのフィナーレだと思うと感無量でした。何より多くの方々にイエス様をご紹介できたこと、それこそが喜びでした!聖書の中で、イエス様が父なる神様に向かって言われた言葉が頭に浮かびました。
「永遠のいのちとは、彼らが唯一まことの神であるあなたと、あなたの遣わされたイエス・キリストを知ることです。―ヨハネの福音書17章3節」
★さかのぼって3月1日は、大阪クリスチャンセンター・ホールでの、「東日本大震災・復興支援の集い」。今年は、塩釜より大友幸一先生をお迎えし(写真左上)、福島出身のピアニスト赤津ジュリアさんにもご出演頂いて、意義深い時を過ごしました。3年目だからこそ見えてきたこと、取り組まねばならない問題等が新たに噴出してきている中で、私たちは何をすべきなのか、改めて考える機会となったことを感謝しています。
★11日は3年目を迎える東日本大震災の記念の日。仙台の教会合同での追悼礼拝にて、献歌を致しました。実はその前日、急に言葉で表せない圧迫を感じたのです。その苦しさの中で、被災者の方々の痛みの大きさを強く実感させられました。今でも大変な中におられる方々の前で賛美を捧げることは、単にゲストとして歌うこととは全く違う次元のことだと思わされ、必死の祈りと共に一晩を過ごしました。翌朝、不思議に圧迫はなくなり、すべてをゆだねつつ賛美することができました。苦しさを通しても主が備えをして下さったと感じた日でした。
★26日は、久しぶりの茨木ロータリークラブ・卓話。今回は、「再び声を失って」と題して、お話をさせて頂きました。ロータリーの方々は、声の事をあまりご存知なかったので、驚きつつお聞き下さいました。幾人かの方は、まるで娘のようにご心配下さり、励まされました。ここにも主が与えて下さった出会いがあるのだと改めて思わされ、心が嬉しくなった時でした。
 
 
3月の詳細は、HPダイアリー欄に掲載しています。ぜひご覧ください!こちらへ⇒★

★2014年4月の予定★
1日(火)日本基督教団修養会〜主にある命を喜ぶつどい〜コンサート:石和温泉
4日(金)アメリカ・ロサンジェルスツアー
5日(土)アナハイム・フリーメソジスト教会コンサート
6日(日)ミッションバレー・フリーメソジスト教会礼拝奉仕
6日(日)南加連盟合同コンサート ユニオン教会
7日(月)移動
8日(火)カマリロ教会コンサート
9日(水)サンディエゴ・ホーリネス教会コンサート
10日(木)ボイルハイツ敬老ホームコンサート 
11日(金)オレンジ郡ホーリネス教会コンサート
12日(土)ガーデナバレーバプテスト教会コンサート
13日(日)ガーデナバレーバプテスト教会礼拝奉仕
13日(日)ゴスペルベンチャー教会コンサート
15日(火)帰国

18日(金)MMM理事会
19日(土)メロディ会祈り会
20日(日)新家バプテストキリスト教会イースターコンサート
26日(土)メロディ会セントレア・発足式:インマヌエル名古屋教会
27日(日)大阪府民イースター・賛美ゲスト

♪お祈りのお願い♪

*アメリカ・ロサンジェルスツアーの為に。12日間で、10回のコンサート&礼拝奉仕が予定されています。
どうか元気に、一つ一つを大切に行っていくことができますように。良きチームワークで、楽しくリラックスした旅となり、すべてにおいて主の御栄光が輝く時となりますように。
*お蔭様で父は元気に過ごしておりますが、今度は母が、背骨を骨折して半身コルセットとなりました。
父の病後でもありますので、どうぞ速やかに母の骨折が癒されますようお祈り下さい。

*コンサートの準備、練習、内容等さらに深められますように。心から喜びをもって賛美を捧げ、主の御心を成していくことができますように。スケジューリングの上にも知恵と主の導きがありますように。
*モリユリとスタッフの霊肉が支えられ、主の良き道具として歩めますように。
*メロディ会と当社団法人の歩みが主の知恵と愛に満たされ、祝福のうちに歩めますように。

皆様の上に、主の豊かな恵みがありますよう祈りつつ、        
感謝をこめて シャローム!
森 祐理


☆彡このレターは配信専用です。返信ご希望の方は、moriyurimusic@gmail.com の方へ、ご送信下さい。

※「モリユリの空飛ぶレター」への返信、ご意見ご希望は、moriyurimusic@gmail.comまで。
※配信先の変更は「モリユリ空レターご登録情報」よりお手続きをお願いします。
※配信停止を希望される場合は、こちらをクリックしてください。またはmoriyurimusic@gmail.comまでメールをお送りください。
※印刷等ご希望の方の為にpdfファイルを格納しています。こちらクリックしてください。
モリユリ・ミュージック・ミニストリーズ
〒540-0004 大阪市中央区玉造2丁目26-47  大阪クリスチャンセンター403号
TEL : 06-6762-2324