♪モリユリの空飛ぶレター第58弾!♪
   〜福音歌手モリユリのマンスリー活動報告〜

2013.12

(南三陸・伊里前小学校の子どもたちと共に。レコーディングを終えて)


ハレルヤ!主の御名を賛美いたします。
皆様に大変ご心配をおかけした声帯障害も、少しずつ回復に向かっております。多くの方々からお祈りや励ましを頂き、どれだけ支えられたかわかりません。この場をお借りして深く御礼申し上げます。また苦渋の決断でしたが、出演をキャンセルさせて頂いたコンサートに関わる皆様にはどんな言葉も見つかりませんが、ただ心よりお詫び申し上げます。 

大変遅くなりましたが、11月のご報告をさせて頂きます。
10月末に、来年2014年1月17日の神戸市追悼式典にて5年目となる独唱が決まりました。5年連続ですので、今回はどんな風に歌ったら良いか…と考える中で、ふと今年6月にコンサートをした南三陸・伊里前小学校の子供たちの歌声が浮かんできたのです。子供たちは、東日本大震災で大きな苦しみを通りました。また子供たちの音楽の先生も、消防団員であった弟さんを亡くされていました。そんな悲しみの中から授業で子供たちに「しあわせはこべるように」を教えられ、それで6月のコンサートの時には大合唱となったのです。
「あの子供たちの歌声に合わせて歌いたい!」すぐにスタッフの方々が動いて下さり、18日(月)子供たちの歌声のレコーディングが実現しました!大きな口を開けて一生懸命歌ってくれる子供たち。この歌声で、神戸と東北が繋がる…そう思うと聴いていて胸が熱くなりました。1月17日の早朝にはテレビで放送の予定ですので、ぜひ録画してお聴き頂ければ嬉しく存じます。

伊里前小学校の翌日から、喉の激痛が始まりました。百本の針で刺されるような痛み。なんとか逗子教会までに治したいと頑張りましたが、当日はかなりのかすれ声。リハーサルも辛くて祈った時、主が語られたのです。「おまえはガラガラ声だけど、わたしは良い声だよ。」思わず笑ってしまいました。「そうだ主が歌われる、主にゆだねよう。」そう決心して前に出ました。
コンサートは奇跡でした。主が歌っておられるのがわかりました。もちろんお聞き苦しい所が多々あったと思いますが、それを超える主の臨在が満ちていました。ただ主に栄光です。厳しい状況でしたが、悔いなく全身全霊で賛美できたことを主に感謝しています。

 

その翌日から、声が全く出なくなりました。専門医の診断では、声帯筋の肉離れと軽い声帯出血。ステロイド投与の点滴や薬等の治療が成されましたが、一番は沈黙療法とのこと。どんなに頑張っても「あ〜」という音声さえも出ない、完全な失声状態になってしまいました。
失声状態7日目を越えた頃より、少しずつ音声を発することができるようになり、徐々に声は回復してきています。ただ大学病院での検査により、声帯に血腫が見つかりました。もし無理をして血腫がポリープになった場合、手術の可能性も出てきてしまいますので、この血腫が完全に消えて、安心して声を出すことができますようお祈り下さいませ。まだ歌うことはできませんので、どうか声が完全に癒され、守られますよう続けてお祈り頂ければ幸いです。


振り返って11月の最初は、アメリカツアー帰国後すぐの北陸から始まりました。
10年以上ぶりの福井でのコンサートは、芦原温泉で有名な地にあるあわら文化会館にて行われました。当日の朝、礼拝に出席してびっくり。なんとわずか十名で礼拝しておられるアットホームな教会なのです(写真左)。この皆様が、800名のホールを借りてコンサートを企画されたとは、本当に胸打たれました。本番は、100名近い方々がお越し下さいましたが、これは都会の千人以上の価値があると思います。教会一丸となって臨んで下さった姿に、私も伝道の原点に返らされました。
翌日は富山県の教会が集まっての初めての東日本大震災合同支援コンサート。こちらも800名入る大ホールを借りてのコンサートで、北陸の方々の伝道心の大きさに感動です。2014年も継続して行おう!との思いで開催が決定。来年10月再び同じ場で賛美できるのを楽しみにしています。
その後は少しゆっくりして、OCCまつりにも売り子?で参加。「モリユリのサイン入り柿最中ですよ〜」なんて言いながらの販売は楽しかったです!

今年2月、鶴川高等学校でのコンサートに引き続き、隣にある鶴川幼稚園でのコンサートにお招き頂きました。新ホール完成記念のコンサートですので、ピカピカの驚くほどきれいなホール。童謡など楽しく歌いましたが、やはりせっかくの機会、子供たちに賛美歌を歌えば良かった〜と後で反省。「あなたの若い日に創造者をおぼえよ」ですものね…。
独立新生葛飾教会60周年記念コンサートは、こんなにたくさん子供たちがいるんだ!と思う程、子供と親御さんが、礼拝堂にぎっちりお越し下さいました。午前・親子向け、午後・一般向けと、めったにしない一日2回公演でしたが、どちらも楽しく賛美できました。特に障害を持つ方やお子さんも多くおられたのですが、皆の愛で包まれている姿を見て、私も心が温かくなりました。

11月の詳細は、ホームページダイアリー欄に掲載しています。ぜひご覧ください!こちらへ⇒★


♪お祈りのお願い♪

*声帯の血腫と結節が完全に癒され、声が守られて、賛美を捧げ続けることができますように。喉だけでなく、身体のすべての健康が守られますように。
スケジューリング等にも主の知恵が与えられ、さらに主に導かれて計画していくことができますように。来年も既にかなりの予定が入っていますので、すべてが守られますように。
新CDが本当の意味で心の癒しとなるために用いられますよう、必要な方々へ届きますように。
モリユリとスタッフの霊肉が支えられ、主の良き道具として歩めますように。
メロディ会と当社団法人の歩みが主の知恵と愛に満たされ、祝福のうちに歩めますように。

皆様の上に、主の豊かな恵みがありますようお祈りしています。
感謝をこめて シャローム!
森 祐理


☆彡このレターは配信専用です。返信ご希望の方は、moriyurimusic@gmail.com の方へ、ご送信下さい。

※「モリユリの空飛ぶレター」への返信、ご意見ご希望は、moriyurimusic@gmail.comまで。
※配信先の変更は「モリユリ空レターご登録情報」よりお手続きをお願いします。
※配信停止を希望される場合は、こちらをクリックしてください。またはmoriyurimusic@gmail.comまでメールをお送りください。
※印刷等ご希望の方の為にpdfファイルを格納しています。こちらクリックしてください。
モリユリ・ミュージック・ミニストリーズ
〒540-0004 大阪市中央区玉造2丁目26-47  大阪クリスチャンセンター403号
TEL : 06-6762-2324