モリユリの空飛ぶレター第22弾! 2010/12

ハレルヤ! 主の御名を賛美いたします。
いよいよ今年のカレンダーもあと一枚となりました。時の流れが年々加速しているような気がしますが、皆様はこの年末いかがお過ごしでしょうか。私は忙しかった秋の日々にようやく一段落し、クリスマスコンサートに楽しく臨んでいます。クリスマスは、イエス様の十字架を伝えやすい機会ですからとてもうれしいです。世界中一人でも多くの方々が、本当のクリスマスプレゼント、イエス様の御救いを受ける時となりますよう祈りつつ、11月のご報告させて頂きます。
★一年ぶりの歌語り〜立花教会チャペルコンサート〜★

2009年の11月に、大阪クリスチャンセンターにて「歌語り〜唱歌童謡と十字架」のリサイタルをさせて頂きました。それが好評を得て、今秋いのちのことば社より発売されたDVD「永遠のふるさと」の制作へとつながりました。
あれからちょうど一年。毎年お招き下さっている立花教会の楢本先生が、第7回のコンサートとして、あの時と同じプログラムをしてほしいとご依頼下さり、今回立花教会のチャペルを会場に「歌語り」をさせて頂きました。
照明等もないので、ステージ構成的に大丈夫かなと思いましたが、さすがに立花教会で、よく準備され、よく祈られた中ですべてを行うことができ、恵み豊かな時となりました。
この一年DVDの制作の為、唱歌童謡の歴史について探り、学んできましたので、より深い思いを持って臨むことができたのもうれしかったです。学べば学ぶほど、日本の近代史の中に、聖書の教えと神の御手があることがわかり、どれほど主がこの日本を愛し、御自身へ導こうとしているのかがわかります。
現在の日本は、近代日本にもたらされた西洋文化そしてキリスト教の教えに大きく影響を受けて、築かれていると思うと、この事実をもっと伝えていきたいという使命に燃やされます。あの明治黎明の志士たちのように、情熱をもって、主の愛を日本に届けて行きたいと思わされています。


★「聖書を読んだサムライたち」撮影&「永遠の故郷:完成試写会」★


いのちのことば社DVD目からうろこシリーズ第2弾、「聖書を読んだサムライたち」の撮影も行われました。今年は、坂本竜馬が話題となっていますが、その「竜馬をめぐる5人の男たち」というテーマで構成されています。歴史ドキュメンタリーとしても興味深い内容で、こちらも絶対お勧めのDVDです。
撮影は、西郷隆盛像のある上野公園や石川島等にて行われました。寒かったですが、不思議に雨からも守られ、良き収録ができました。こちらは、2010年2月頃発売予定です。乞うご期待!
♪23日には、第1弾DVDの完成試写会が行われました。DVDにもご登場された、岡野貞一の甥、渡辺陽さんや、貞一と共に本郷中央教会でピアニストを務めた中野済子さんはじめ、制作スタッフの皆様も一堂に会して、満員の方々と共に、完成を祝いました。すでに何度も見ている内容ですが、大画面で多くの方々と見るとまったく違いますね。本当に感動しました!
ここまで良く練られた作品は、なかなか作れないと思い、脚本や撮影を手がけてくださったスタッフの皆様の苦労にも改めて感謝が溢れました。
参加された多くの方々も、ラストでは涙がでそうになったと言ってくださり、ただ歴史的なドキュメンタリーでなく、天の故郷の希望を届ける作品としても、奥深いものとなっています。
ぜひご覧頂ければと願っていますので、購入ご希望の方は、当事務所までご連絡くださいませ。
1本3990円(税込み)  06-6762-2324(当事務所)


★台湾コンサート★

コンサートが続く中、台湾へ飛びました。お世話になっている長老様が理事を務める病院のチャリティコンサートの為です。慌しい中でしたが、やはり台湾は大好きな地。行くだけでホッとして、待っていてくださる方々の顔を見ると、疲れも吹き飛びました。日本以外にこんな場所があることは、幸せなことですね。たった3日でしたが、リフレッシュすることができました!

   

★気付かされた大きな恵み〜讃美の力〜★


台湾から帰国してすぐ大阪でコンサート、その2日後に関東方面のツアーに出かけました。その時、ふと何気なくカバンに入れた本が、マーリンキャロザースの「讃美の力」です。これ迄何度も読み返し、大きな力を頂いた愛読書で、弟がイエス様を信じたきっかけとなった本です。ここ数年は、読んでいなかったと思い、新幹線の中でページを開きました。
「すべてに感謝する」…それはただ盲目的にすることではなく、最善を成してくださる主への信頼の応答であること。すべてのことに愛なる神様の深い御手があり、それを信じて感謝を捧げることが、どんなに大きな力であるかが書かれていました。
読み進むうちに、自分自身があまりにも感謝していなかったことに気付かされ、愕然としました。そして、このこともあのことも、心痛めていたことも、一つ一つを感謝していったのです。感謝を捧げていくうちに、この半年くらい何故コンサートがしんどかったのか理由がわかりました。讃美は、感謝から生まれるもの。でも私は、忙しさの中で、感謝よりも休みたい、休みたいと不満ばかりが心の奥底に満ちていたことに気付かされたのです。こんな心では讃美が良いはずありません。
悔い改めの中で主の恵みを数えていくと、心の中の霧が晴れたように明るくなりました。そして再び、讃美が楽しくて仕方なくなって、コンサートの喜びが帰ってきたのです。
悩んでいた問題までも、感謝する中で解決していき、主に信頼し讃美することは、神の力を解き放つことなのだと体験させられました。疲れもなくなり、休みたいと思わなくなりましたが、かえって元気に過ごせるようになりました。感謝は、本当に神様からの武器ですね!  「主を喜ぶことは、あなたがたの力です。」 




  


★2010年12月の予定★

5日(日)津山聖約キリスト教会クリスマスコンサート
8日(水)久留米東町教会「心温まる歌とお話のひと時」
9日(木)西南学院コンサートT、U
10日(金)西南学院コンサートV
11日(土)杉戸&幸手キリスト教会クリスマスコンサート
12日(日)幸手キリスト教会礼拝証し
15日(水)みなとみらいサマリタンチャーチクリスマスコンサート
16日(木)キリスト教保育連盟関東部会クリスマスコンサート:明日館
19日(日)ニューホープキリスト教会クリスマスコンサート:ひこね燦ぱれす
23日(木)アッセンブリー泉佐野福音キリスト教会クリスマスコンサート
26日(日)長居教会:神藤氏洗礼式

♪お祈りください♪

*月刊誌「いのちのことば」での、巻頭エッセイの連載が始まりました。温かい良きエッセイを綴っていくことができますようお祈り下さい。
*1月17日AM5時46分の黙祷の後、神戸市追悼式典にて、再び「幸せ運べるように」を歌うことになりました。今回はオケ付きですが、早朝の野外ですので、すべて守られて遺族として心からの讃美を捧げることができますようお祈りください。
*人の魂に届く新しい讃美の曲とコンサートの流れが与えられますように。
*主の油注ぎの中コンサートを行い、聖霊の御力を持って賛美を捧げる事ができますように。
*社団法人モリユリ・ミュージック・ミニストリーズとメロディ会の歩みを主が祝し、更に神様の働きとして歩んでいくことができますように。


愛する皆様の上に、生きておられる主の御手が豊かにありますよう心よりお祈りしています。温かいお支えを心より感謝しつつ、シャローム!
森 祐理

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
♪♪モリユリオフィシャルサイト <http://www.moriyuri.com/yuri/>

モリユリの空飛ぶレターバックナンバー <http://www.moriyuri.com/yuri/home.php?no=merumaga>

モリユリの空飛ぶレター(メルマガ)の登録・解除 <http://www.moriyuri.com/yuri/home.php?no=merumaga>
モリユリのつれづれ日記 <http://www.moriyuri.com/yuri/home.php?no=diary>
モリユリの最新情報 <http://www.moriyuri.com/yuri/home.php?no=info>
モリユリのスケジュール <http://www.moriyuri.com/yuri/home.php?no=schedule>
モリユリの掲示板 <http://www.moriyuri.com/yuri/home.php?no=bbs>
メロディ会のお申込みお問合せ <http://www.moriyuri.com/yuri/home.php?no=melody>