モリユリの空飛ぶレター第15弾! 2010/05/01

ハレルヤ! 主の御名を賛美いたします。

 「モリユリと行くイスラエル歌の旅」4月ツアーを、大きな祝福のうちに終えることができました!10年ぶりの聖地でしたが、こんなに楽しく主の恵みに満ちた旅はなかったくらい素晴らしい時となりました。

 聖書の世界を歩き、賛美し、体感した日々。6回目となる聖地旅行ですが、私自身が待ち望んでいた思いが深かったせいでしょうか、今までの中で最も心の中に聖書の世界が沁みてくる時ともなりました。

 今回のツアーを恵み編として、お証しさせて頂きたいと思います。

★恵み―その1― 開催★

 大阪クリスチャンセンター(OCC)より、このツアーのお話を頂いたのは昨年末。本当は、1年後の11月頃とのことでしたが、スケジュールが合わず、可能な時期は準備期間の少ない4月。でも祈りの中で、「権力によらず、能力によらず、わたしの霊によって」との御言葉を頂き、主が参加者を集めて下さる、と確信して了解のお返事をさせて頂きました。そして実際に主は思いを超えて働いてくださり、4月だけでなく5月にも追加ツアーを行うほどの参加者を与えて下さいました。まさに、12のかごいっぱいにパンを与えてくださった主の恵みを体験することができたのです。メンバー同士の中でも、思いがけない繋がりがあり、主がお一人お一人の名を呼んで集めて下さったのだと感謝しています。
 
★恵み―その2― 健康・事故・天候の守り★

 飛行機を乗り継ぎ、翌朝イスラエルへ到着。そのまま引き続いての観光なので、体調が心配でしたが、全員守られ過ごすことができました。今回のツアーで体調を崩された方はあまりなく、お二人ほどが風邪を引かれた位でした。怪我もなく、高齢の方が多かったにもかかわらず、皆さんとってもお元気。海外旅行は初めて、という方も「77歳からの海外デビュー。人生はこれからよ!」と明るく仰っておられ、笑いに溢れた旅でした。健康に問題のある方々も皆さんかえって元気になられ、心身の回復の旅になったことを感謝しています。
 天候も私自身の聖地旅行経験の中で一番過ごしやすかったです。寒くもなく暑過ぎず、日陰に入ると風が爽やかでした。お花も綺麗で、30度以上の気温がありましたが、乾燥しているのでそれ程汗もかかず、しのぎやすかったです。たくさん賛美し、たくさん笑い、たくさん歩き、たくさんの恵みを頂く日々でした。
  

★恵み―その3― パスポートが!?−★

 なんと3回パスポート紛失の危機から助けられました!
 1回目は、聖誕教会で賛美した後、次のフィリピン人のグループの方が、忘れ物に気付いて下さったのです。なんと日本語を話せる方がおられて、その方が、これは日本人グループの物ではないですか?とポーチを直接届けて下さいました。中には財布にパスポート。もし日本語を話せる方がおられなかったら、そのままになっていたかもと思うとゾッとしました。
 2回目は、ホテルのレストラン。フロントから私の部屋に電話が…「ミズモリ、あなたの命を忘れていますよ」。私の命って何のことかしら、と思って聞いてみるとなんとパスポートやお薬の入ったカバンが、レストランに置いてあったとのこと。私たちのグループが最後のお客さんだったので無事フロントに届いたそうです。私ではなく、私の母の物でしたが…これも混雑時だったら届かなかったと思うと感謝、感謝でした。
 3回目は、最終日の朝。バスを出発する直前に、ある参加者がご自分のパスポートがないことに気付いたのです。スタッフの方々と部屋まで戻って調べ、スーツケースも全部開けての大捜索。私はバスで待っている方々とお祈りして、その場をつないでいました。参加者のMさんが、バスの中でタンバリンダンスをしてくださっている時です。スタッフの方が、ホテルの入り口から手で大きな丸を作って出てこられました。
 「あった!良かった!」バスの中は、喜びの歓声が湧き上がりました。ご当人もスタッフの方々と共に満場の拍手で迎えられ、喜びの涙。私たちは、このことで大きな学びをしました。失われたものが見つかった時の喜びの大きさです。パスポートも大事ですが、父なる神様は、失われた魂をどれほどの思いで探しておられるか、そしてそれを見つけ出した時の喜びは天の軍勢が大宴会するほどであることを、全員が身を持って体験できたのです。改めて、失われた魂を見つけ出し、天にお届けする者でありたいと思わされました。
 

★恵み―その4― シナイ山★

 今回のツアーのメインイベントのひとつ、シナイ登山。体調に合わせて、頂上を目指す「健脚コース」とゆっくり歩いて麓で日の出を見る「ハイキングコース」の二つのチームに分かれました。
 「健脚コース」は夜中2時出発。なんと24名もの方々が、挑戦。その中には80代の方もおられました。
 8合目まではラクダで行くこともできますが、思ったより時間がかかり、日の出は8合目で見ることに。でもベストスポットが与えられ、そこでの賛美とメッセージの感動は今も忘れられません。
 そこから頂上までは階段状の急な岩肌。でもほとんどの方々が頑張って登られ、山頂に立った達成感は言葉で表現できないものでした。下山する際、皆が口々に言ったことは「こんなすごいと思わなかった。明るかったら登れなかった」。暗いからこそ一歩ずつ歩き、いつしか頂上につながる…全部見えていたらとっくにあきらめていたでしょう。人生も同じで、先がわからないからこそ一歩ずつ歩いて、いつしか乗り越えられていくのだと教えられました。このシナイ登山を思い出しながら、日々一歩ずつ進んでいきたいと思わされています。
 『ハイキングコース』も、朝日に照らされた聖カタリーナ寺院の全景を見たり、ゆったりした特別な時を過ごされました。下山後、この組で過ごした母の顔が輝いて、本当に良かったわーと言っていたのが印象的でした。
  
★恵み―その5― 賛美・メッセージ・スタッフ★

 このツアーは、「歌の旅」と銘打っていますので、至る所で賛美しました。教会で、木陰で、山頂で、バスの中で…賛美と共に旅ができるって本当に素晴らしいことだと深く思わされました。共に賛美すると心も一致するのですね。「ホードゥホードゥ(感謝、感謝)」の賛美が今も耳に残っています。
 また今回は、私の所属教会の牧師先生にチャプレンとしてご参加頂けたことも大きな恵みでした。油注がれた深いメッセージは私たちの心を主の元に引き上げ、聖霊の喜びで満たしてくれました。「聖霊をはじめて感じました」「この旅が、信仰の新しいスタートです」等の言葉が忘れられません。
 主催をして下さったOCCの理事長様ご夫妻やOCCの理事でプロのカメラマンの方のご参加も、旅を豊かにして下さいました。なにより添乗して下さった石田さん、ガイドのクニコさんの大活躍はすばらしく、参加者全員の信頼の的でした。岡マネさんも、35名という大家族のしんがりを務め、誰も迷子にならないようしっかりと隊を固めてくれました。「岡さんの顔を見たら、列が最後だとわかるので安心です」と石田さんとのコンビも絶妙で、ユーモアもたっぷりの岡さんのアナウンスに車中はいつも笑いが起こっていました。
  

★恵み―その6― 火山爆発からの守り★

 「アイスランドの火山爆発!」旅行中にこのニュースが飛び込んできました。この影響でヨーロッパ中の空港は閉鎖、非常な混乱になったそうです。ところがタシケントの空港は平常どおり営業され、私たちの利用航空会会社ウズベキスタン航空もまったく問題なく運航していました。もし今回ヨーロッパ系の航空会社を利用していたら、私たちも帰国できず大変なことになっていたでしょう。主は、出発前から私たちのツアーを守り、航空会社まで選んで備えてくださっていたのです。なんと主の恵みは大きく思いもしないところまで及んでいるのでしょうか。日本の皆様にはご心配をおかけしたようで恐縮しております。心より尊いお祈りを感謝申し上げます。
 

★恵み―その他―

 4月のすべての予定も祝されました。静岡メロディ会の5周年は、会場が300名を超える満員で、大きな祝福に満ちた時となりました。北摂イースター大会、MB教団60周年記念大会等も豊かな恵みの中賛美することができ感謝しています。
   

★軽井沢恵みシャレーセミナーのご案内★  まだ空きがあります。ぜひお申し込みください!!!

6月23日(水)〜25日(金)
 〜森祐理さんと一緒にやってみよう!〜 のセミナーが開催されます。

第2回目は、水彩画に挑戦!講師は、ノルウェー人の宣教師であり、水彩画家の森アニケン先生。
美しい6月の軽井沢にて、ゆっくりと絵を描き、森祐理さんの歌声と共に素敵な3日間を過ごしましょう。
皆様のご参加をお待ちしています!!
費用:2万8000円(2泊6食付)   お申し込み:恵みシャレー軽井沢 (0267−42−2302)


★2010年5月の予定★

1日(土)イスラエル4月ツアー感謝交流会
5日(水)〜13日(木)モリユリと行くイスラエル歌の旅5月ツアー
15日(土)関西メロディ会祈りと活動報告会
16日〈日〉「夢と希望の奏で」ゲスト〜加古川アラベスクホール
18日(火)米子・美保学園慰問コンサート
22日(土)茨木ロータリークラブ50周年記念式典ゲスト
23日〈日〉茨木ロータリークラブ感謝コンサート
25日(火)いのちのことば社ワードチャペルゲスト
28日(金)イスラエル5月ツアー感謝交流会
29日(土)インマヌエル和歌山キリスト教会特別伝道集会
30日(日)日本基督教団宇治教会「音楽と証の集い」

♪お祈りください♪

*5月のイスラエルツアーの祝福の為に。参加者の心身が守られ、霊的に引き上げられる豊かな時となりますように。一切のトラブルがなく、心から行って良かった!と主を讃える旅となりますように。

*メロディ会の歩みが主にあって祝されますように。関西メロディ会の5月に改正される新しいスタッフを主御自身が導いてくださいますように。

*コンサートに主の新しい御力が注がれ、新しい歌を持って賛美を捧げる事ができますように。

*ことば社とのDVD制作が、主により最善に導かれ、伝道のツールとして用いられますように。


愛する皆様の上に、生きておられる主の御手が豊かにありますよう心よりお祈りしています。温かいお支えを心より感謝しつつ、シャローム!
 
森 祐理

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
♪♪モリユリオフィシャルサイト <http://www.moriyuri.com/yuri/>

モリユリの空飛ぶレターバックナンバー <http://www.moriyuri.com/yuri/home.php?no=merumaga>

モリユリの空飛ぶレター(メルマガ)の登録・解除 <http://www.moriyuri.com/yuri/home.php?no=merumaga>
モリユリのつれづれ日記 <http://www.moriyuri.com/yuri/home.php?no=diary>
モリユリの最新情報 <http://www.moriyuri.com/yuri/home.php?no=info>
モリユリのスケジュール <http://www.moriyuri.com/yuri/home.php?no=schedule>
モリユリの掲示板 <http://www.moriyuri.com/yuri/home.php?no=bbs>
メロディ会のお申込みお問合せ <http://www.moriyuri.com/yuri/home.php?no=melody>