モリユリの空飛ぶレター第3弾! 2009/4/4
4月となり、桜の花もほころんでまいりました。南国台湾に1月間居た身としましては、日本の寒さは少しこたえますが、それでも確実に春へと近づいていると思うと喜びがあふれてまいります。
この美しい季節、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
私の台湾で過ごした3月は、まさに充実した1ヶ月間でした。
実はもう29回も行っているのですが、ツアーとライフはまったく違うのですね。
初めてその地に住み、本当の台湾を身体中で体験することができました。
目的は中国語の学びの為でしたが、学校での勉強と共に、多くの友人たちと交わり、食事し、話し、祈り合い、時を過ごすことができましたのは、何よりの喜びでした。
おかげ様で言葉も少し早く上達できたような気がします。これから日本でまた新しい歩みが始まりますが、台湾でしっかり充電できた恵みを感謝しつつ、さらに歩みを進めてまいりたいと思います。

★台湾ライフの報告★

学校は、一般の大学だと3ヶ月コースが普通なので、友人に調べて頂き、1ヶ月単位で学ぶことができる「国語日報中心」へ。
先生と1対1で学ぶコースを選択しましたので、自分のペースで学ぶことができ、また先生も教師暦30年以上のベテランの良い先生で、本当に授業が楽しくて仕方なかったです。
授業の20分前には、教室に入って予習をし、宿題もばっちり頑張りましたので、結構良い生徒だったのでは・・・と自負しております。
住まいは、双連教会から徒歩5分程の、明月さんという教会員のお宅にホームステイしました。
その方は、ご主人と息子さんが仕事の関係でアフリカにおられ、娘さんは結婚してカナダ在住。
今はひとりで暮らしておられ、私にバストイレ付きの良い部屋を用意して下さいました。彼女のお部屋は2階にあり、お互いにプライバシーも守られ、パソコンも無線ランが使用でき、テレビもDVDも、洗濯機も冷蔵庫も自由に使わせて頂き、至れり尽くせりの環境で、ただただ感謝。
バス停も地下鉄の駅も近く、周りは商店街で食べるのにも買うにも本当に便利。何より双連教会に歩いていけるので、ほぼ毎日教会で、歌の練習をすることができました。
神様は、台湾での環境をこんなにも良くして下さって、感謝感激でしたが、実はいつでも至れり尽くせりなお方なのだと思います。
忙しさの中つい忘れがちで、感謝の薄いものだったことを改めて反省させられました。(写真:誕生パーティにて、左隣が明月さん)

台湾は、共に食事をすることがとても大切な意味を持つ文化です。まぁいったい何人の方に、何度お食事のご招待を受け、共に食したことでしょうか。
その中で、心も開放され、友情が深まり、色々な出会いが広がってきました。
何より、一生懸命中国語で話そうと努力しましたので、よき訓練の時になったと思います。
言葉が通じると交友の世界が広がりますね。12年も知り合っていた教会の皆さんとも、お客さんでなく、友としてお付き合いできるようになった気がして嬉しかったです。
油の多い台湾料理ですが、栄養たっぷりですので、少しはお肌もピカピカしてきたかなぁと思ってひとりで喜んでおります。(^^)

プライベートで行った台湾でしたが、結局教会や集会、パーティなど気が付くと、8回も人前で歌う機会がありました。
お食事の席等で歌うことをいれると数え切れず、歌で始まり歌で終わった日々だったと思います。
でもその都度、中国語でお証しをし、ブロークンでなくきちんとした言葉を話す練習ができました。
特に双連教会の礼拝でのお証しと賛美は、本当に長い時間準備し、緊張して備えましたが、しっかりと言葉を届けることができ、皆さん涙を持って聞いて下さって感動の時となりました。
日本語でなく、中国語で、人の心に主の感動を届けることができたのは、自分の力ではなく神様が豊かに働いて下さったのだと私自身も感動でいっぱいになりました。
これからも本当に1歩づつの歩みですが、学びを続け、いつの日か中国語でコンサートができる日を願いつつ、励んでまいりたいと思います。
本当に皆様の背後でのお祈りをありがとうございました!!!

★4月の予定★

5日(日) 伏見教会「音楽とお話の集い」
6日(月) 神戸常盤大学コンサート
12日(日) 大阪府民イースター
19日(日) 東京・神奈川相武地区合同イースターの集い
20日(月) 雑誌「教誨」取材
26日(日) ジョイフルグレースチャーチコンサート
27日(月) ライフライン20周年記念キックオフ大会
29日(水) 滋賀大津館コンサート

★心に響く言葉の花束★
知人のメールに書かれていた言葉になるほどと感銘を受けました。その部分を抜粋して書かせて頂きます。

歩むという字は、"止まる"ことを、"少なく"と書きます。進んで、止まることを少なくする人が、進歩につなげることができる人だと思います。

元NBAプレーヤーのM.ジョンソンが「子どもたちへのメッセージ」として次のように話しています。
「お前には無理だよ」と言う人の言うことを聞いてはいけない。
もし、自分で何かを成し遂げたかったら、出来なかったときに、
他人のせいにしないで自分のせいにしなさい。
多くの人が僕にも、お前にも無理だよと言った。
彼らは君に成功してほしくないんだ。
なぜなら、彼らは成功できなかったから。途中で諦めてしまったから。
だから、君にもその夢を諦めて欲しいんだ。
不幸な人は不幸な人を友達にしたいんだ。決して諦めては駄目だ。
自分の周りをエネルギーであふれ、しっかりした考え方をもっている人で固めなさい。
自分のまわりを野心であふれ、プラス思考の人で固めなさい。
近くに憧れる人がいたら、その人にアドバイスを求めなさい。
君の人生を考えることが出来るのは君だけだ。
君の夢が何であれ、それに向っていくんだ。
君は幸せになるために生まれてきたんだから・・・



お互い歩みを止めずに、主に在っての夢に向かって歩んでまいりましょう!
春の喜びと共に、皆様の上に、主の豊かな祝福を心よりお祈りしています。
シャローム!

                                                森 祐理

http://www.moriyuri.com/yuri/
moriyurimusic@livedoor.com